4泊5日キューバ旅行当日にパスポートを紛失した男がそこから学んだ1つのこと

こんにちは、@_yoshiakionoです。

突然ですが、海外旅行当日にパスポート忘れた人っていませんか?

なかなかいないですよね…。
僕は2016年10月のキューバ旅行の際に、前日夜にパスポート紛失してキューバには行けませんでした!
この経験から学んだ1つのことを書いていきます。

きっかけは、変化する前のキューバの様子を感じるため

アメリカとキューバの国交正常化で、街並みが変わる前に行きたいということで、出発3ヶ月前からチケット取得!
今回の旅行は、自営業者6名で周る予定。

何事も早めに段取りが大事だなと思い、キューバ旅行に持っていくものを9月中に用意。

キューバ入国に必要なのは、ツーリストカードと海外旅行保険の保険契約証

その中で自分が最年少ということもあり、宿泊先やビザなどの手続きも手配。
宿泊先はair bnbをフル活用。
ハバナのair bnbの物件も沢山あったのが驚きでした。

キューバの入国に必要なのは、

・ツーリストカード
・海外旅行保険の保険契約証

の2つです。

ツーリストカードは、web上の記事だと、エア・カナダ航空便だと機内で配られると書いていますが、実際に配られたそうです。
*2016年10月時点。カナダ経由〜ハバナ行きの場合

キューバツーリストカードの申請方法の手順

ツーリストカードは、キューバ大使館に連絡して、申込書がメールできます。
ツーリストカード代として5000円かかります。

しかし、僕の場合は大使館の電話が中々繋がらず、案内されたのが「有限会社トラベルボデギータ」というキューバ旅行の代理店でした。
ここがツーリストカードを発行しているということで、メールでお問い合わせました。
以下が流れになります。

  1. キューバ大使館 or 「有限会社トラベルボデギータ」にお問い合わせ
  2. メールでお申込書と請求書が送られてくる
  3. 口座に振込、申込書記入とパスポートのコピーを添付してメールで送る
  4. 確認メールが届き、住所宛にツーリストカード原本がレターパックで届く
  5. 原本持参して、キューバへ向かう

海外旅行保険の保険契約証の手順

持参しているクレジットカードがあれば、カード会社にお問い合わせするのが1番はやいです。
僕の場合は、新たにオリコカードの「オリコカードiB(iD×QUICPay)」を申請しました。

こちらのカードは海外旅行傷害保険付帯つきで、年会費は1年目は無料。
次年度から1,250円(税別)年会費かかりますが、年1回のショッピング利用で無料になります。

海外旅行保険の保険契約証の発行は、遅くとも1週間以上かかるので、
前もって準備するのがおすすめです。

荷物の整理して、後はチェックリストで確認のときに

これらの準備を1ヶ月前に用意していて、後はときがくるのを待ってました。
寝る前につけているto doリストには、キューバ旅行まで後◯◯日と書いているほど。(笑)

ひと仕事を終え、前日の22時より荷造りをしていたら、
最後にあるはずのパスポートがない!

そんな訳ないだろ〜と、気持ちが高ぶっていたので口笛を吹きながら部屋を探してました♪
ないわけがないと思いつつ、ひたすら部屋中探すとどこにもありません。

気づけば朝方5時ぐらいになり、、、



ほんと散らかった部屋の片隅で、こんな状態になってました。。。
う〜ん、思い出したら切なくなってきた。

朝方からコピーをとったかもしれないコンビニ、普段作業している事務所、実家などひたすら車で周るも

全く見つかりません。
警察にも電話しましたが、落とし物で落ちてもない。

家に帰る時、ふとラジオから流れてきたのが、年をとってあの時ああすればよかったなと後悔するランキング。

第一位は、若いときに海外旅行をしておけばよかった!

そう、パスポートさえあればぁぁーー!!!

パスポートを紛失したらまずは、パスポートセンターにお問い合わせ

一緒に行くみなさんから心配の電話がありつつ、ありのままを伝える。
近くのパスポートセンターに連絡すると、最低でも1週間はかかるとのこと。

これは、、キューバ旅行が間に合わない…。

すぐにCtripで福岡-上海-トロント便のチケットを購入

Ctrip
シートリップは、中国を中心とした、航空券・ホテル・鉄道等の、旅行に関するオンライン予約を扱う、ウェブサイト。
日本語サポートもあるので安心して購入できる。
航空券検索でも有名な「スカイスキャナー」を買収したもCtripである。

Ctrip – 中国旅行、格安フライト、ホテル、バケーションパッケージ、航空券、航空料金.

結局キューバ旅行に間に合わず、パスポートを再発行し、途中のカナダ・アメリカ旅行から合流。
その時の待ち合わせ場所が、「ナイアガラの滝集合で!」と、
いままでの集合場所の中で1番おしゃれだったのを忘れない。

canada01

準備と確認は海外旅行1週間前から

そう、海外旅行に1番大事なのはパスポートを持参すること!
今回の記事のために、iPhoneのメモ帳を読み返すと

一生忘れない..キューバ旅行のパスポート忘れで学んだこと
・海外にはパスポートが必須

当たり前の事が書いてありました。
これも厄年だったからなのか…。汗

ちなみに、旅行前に事前に購入していたものたち

カリマー 3way スーツケース

機内持ち込みサイズのキャリーバッグで、これは重宝しました。
mac book pro15インチも入り、ときにはリュック、ときにはスーツケースとして転がして移動。

Amazon限定 圧縮袋

衣類は全部Amazon限定の圧縮袋に詰め込みました。
5年前は掃除機を使って圧縮してましたが、これは1分もかからずに圧縮可能です。

パタゴニア ボディバック

小銭やチケットなど、細かいものはパタゴニアのボディバックにいれて移動。
ボディバックを前に置いて歩くと、ひったくりなどのリスクも回避できますね!

iPhone専用 広角18mmレンズ

スマホ関連のガジェットでおもしろかったのが、iPhone専用広角レンズ。
海外のクラウドファンディング「Kickstarter」で実現されたレンズの商品化ですが、
まぁ旅先でつかえます。

appleの広告キャンペーン「iPhone6で撮影」の一部の写真も、このレンズで撮影されたとか。
マクロレンズもありますが、僕は広角を選びました。

ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット

薄いのに雨を弾き、冷房が効いた室内での羽織としても役立つノースフェイスのジャケット。
軽い上に、付属のポーチに入れると折り畳み傘くらいになる携帯性も旅先で役に立ちました。

ニューバランス CRT300V

空港の身体チェックの際、靴を脱ぐこともしばしばあるかと思います。
この靴は軽い上にマジックテープ式で、脱ぎ履きが楽でした。

モンベル マイクロタオルハンド

荷物は最小限でいきたかったので、かさばるタオルをどうしようかと思っていた時に見つけたのがマイクロタオルハンド。
速乾性に優れていて、これ1枚である程度カバーできました。

いつかキューバに行く予定です。
それでは。

Text by

大学3年時にフリーペーパーやウェブ制作を始め、卒業と同時に金なし、コネなし、人脈なしでフリーランスへ。顔が見える海外転職サイト準備中。11月よりペルーへ。(Twitter / Instagram)