緑に囲まれ、都会の喧騒を忘れる人気の富錦街エリアにある「富錦樹咖啡店」

台湾横断時に、人気の富錦街エリアにある「富錦樹咖啡店」を訪れた。

きっかけはYoutubeの関連動画で表示された映像

当時観た時は2014年頃で、日本でも「ライフスタイル」という言葉が雑誌やウェブメディアで沢山特集されていた時期。企業の紹介映像になるけど、信念をもってこの土地でお店づくりをしている様子が伝わり、台湾に行く時は一度は必ず訪れようと決めていた。

訪れた時間帯が夜だった為、富錦街(フージンジェ)エリアの日中の雰囲気を体感することはできなかったが、緑に囲まれ閑静な雰囲気に、心地よさを感じた。訪れる前に読んだ「台北」という都市を切り取るトラベルカルチャーガイド「ネイバーフッド台北 (Guide for walkable insider)」。

観光地を紹介する内容より、その土地でアクションを起こしている人に焦点をあてた書籍で、「富錦樹咖啡店」を経営する会社「FUJIN TREE」の代表の取材も載っていた。

この本を監修された編集者・ディベロッパー、吹田良平さんの別の書籍「グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかた」も良書なのでぜひ読んでみてほしい。

富錦樹咖啡店(Fujin Tree Cafe)の住所・地図
名称 富錦樹咖啡店(Fujin Tree Cafe)
住所 台北市松山區富錦街353號
地図 GoogleMapで開く

居心地の良い場所は働いている人がいきいきしている

「流行りだから、お洒落だから」というより、好きなことやものを集めている空間は居心地が良い。でも、結局僕が興味あるのは、なんでそういう活動をしているのかという”ひと”にあります。

結局は何をするにも、情熱が大切と思った時でした。

それでは。

Text by

大学3年時にフリーペーパーやウェブ制作を始め、卒業と同時に金なし、コネなし、人脈なしでフリーランスへ。顔が見える海外転職サイト準備中。11月よりペルーへ。(Twitter / Instagram)