世界最大の電気街「華強北(ファーチャンペー)」へ

「中国・深センに“ドローン界のアップル”との呼び名も高いDJIの旗艦店を訪れる」でも書いたように、中国・深センを訪れ、その際に世界最大の電気街「華強北(ファーチャンペー)」も訪問。

軒並ぶ電気街に驚き

巨大なビルの内部には、電子部品からドローンやカメラ、
各種ガジェット、スマホケースやアクセサリーなど、電化製品を扱う小さな問屋さんがずらりと並んでいる

「この場所はなんなんだ」と何度も頭によぎった。

巨大なビルの前には、遊歩道として整備されていた広がる道があり、そこではドローンが飛び、LEDはギラギラと輝き、若者たちがスケボー乗る感覚でホバーボードは走りまくる。

巨大なビル内部には、電化製品を扱う小さな問屋さんがずらりと並ぶ。

混沌とした勢い

iPhoneやAndroid端末に関するありとあらゆる部品も手に入る。

決して綺麗で整備された環境ではないけど、ただひたすらモノづくりに専念している人や商談をしている人など、日本にはない活気に触れることができた。

日頃ニュースなどで目にする場所には、できる限り実際に訪れるべきと思った時でした。

それでは。

Text by

大学3年時にフリーペーパーやウェブ制作を始め、卒業と同時に金なし、コネなし、人脈なしでフリーランスへ。顔が見える海外転職サイト準備中。11月よりペルーへ。(Twitter / Instagram)