大学生3年時にフィリピン語学学校CNE1に2週間留学

2013年8月にフィリピンターラックにあるCNE1に2週間語学留学をしていた。

語学留学のきっかけはネット上の記事

きっかけは、太田英基さんが海外で活躍している人の取材記事を紹介していく「サムライバックパッカープロジェクト」にあるCNE1の取材記事を読んで、初めてフィリピン留学の価格帯の安さを知り、マンツーマンでの授業スタイルに惹かれたから。

というのと、大学在学中に日本を離れた場所に生活してみたいという気持ちも強かったと思う。この辺りの記憶が曖昧なのですが、留学予算は約15万前後だった気がする。

2週間の語学留学は意味はないけど、英語に対して前のめりな姿勢にはなる

CNE1自体は日本人向けのメディア露出が上手ということもあり、僕がいた時期は日本人の大学生が8割ぐらいいた。留学期間は2週間とかなり短い期間だったが、講師とのマンツーマン体制ということもあり、英会話や英語学習にビビることなく取り組めるようになった。

これは個人差がありそうですが。発音は毎回授業の度に注意されていた覚えがある。

語学学校があるターラックという場所は、首都であるマニラやセブ島から離れた場所にあったので、勉強に集中できる環境だった。


持っていって重宝したのが「CANON 電子辞書」。片手でスマホ間隔で操作でき、街中の広告の単語や、気になる発音などチェックしていた

少しでも興味ある事は、行動の前に計画を立て、実行していくのが大切だと思った時でした。

それでは。

Text by

大学3年時にフリーペーパーやウェブ制作を始め、卒業と同時に金なし、コネなし、人脈なしでフリーランスへ。顔が見える海外転職サイト準備中。11月よりペルーへ。(Twitter / Instagram)