フラッシュバック、香港一人旅 -重慶大厦からDJI フラッグショップ 香港まで-

香港一人旅で、訪れた時の記憶と写真が残っている場所を紹介していきたい。

香港のバックパッカー街「重慶大厦(チョンキンマンション)」

沢木耕太郎氏の「深夜特急」にも登場する重慶大厦

チョンキンマンションは、飲食店や両替商、携帯端末店、売店、コインランドリー、床屋、ゲストハウスなどが入り交じる雑居ビル。特にゲストハウスは香港屈指の安宿が集まり、世界中のバックパッカーが訪れるほど有名だ。

中に足を踏み込めば、カレーの香ばしい匂いと「ハッパはいらないか?」とドラッグを勧められる。内部には多数の飲食店が軒並ぶが、観光客をぼったくろうとする事が多いので注意したい。

せっかく訪れたのだからカレーを食べようと食したが、味は美味しい。スラム街と言うと大袈裟だが、警戒心を高め踏み入れたい場所。

重慶大厦(Chungking Mansions)の住所・地図
名称 重慶大厦(Chungking Mansions)
住所 36-44 Nathan Rd, Tsim Sha Tsui, 香港
地図 GoogleMapで開く

DJIフラッグショップ 香港

写真が当時利用していたiPhone5で撮影したので粒子が粗くて申し訳ないです

DJIのドローンは、日本で買うよりも香港や中国で買うと15%程近く安くなる。流石にフラッグショップということもあり、発売前の商品(当時はDJIドローンに特化したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)であるDJI Gogglesを試着できた)も展示されていた。フライトデモを行うエリアや体験ゾーンも設けており、空撮コミュニティーSkyPixelの写真も展示されている。

DJI フラッグショップ 香港の住所・地図
名称 DJIフラッグショップ 香港
住所 TOWER 535, G07, No.535 Jaffe Road, Causeway Bay
地図 GoogleMapで開く

香港の携帯マーケットこと「先達市場」

日本では未発売のスマホも軒並ぶ

スマートフォンも一巡したのか、溢れるばかりの人がいるような活気はなかったが、スマートフォンの莫大な数と店舗には圧倒される。

先達市場の住所・地図
名称 先達市場
住所 Sincere House, 83 Argyle St, Mong Kok, 香港
地図 GoogleMapで開く

交通アクセスが良いコンパクトシティ

スターフェリーで香港の夜景を眺めたり、「トラム」と呼ばれる路面バスに乗ったりなど、充実した一人旅になった。香港は地下鉄一本で街の様子が変わり、移動する上で不便と感じたことはなかった。金融街ということもあり、世界各国のビジネスマンや観光客も訪れており、この国の活気に少しばかり触れることができて嬉しかった。次は田舎の方も訪れたい。ただ、この旅にカメラを持参しなかったのが心残りだが。

行きたい場所にはお金や時間が多少かかっても、まずは行くべきと思った時でした。

それでは。

Text by

大学3年時にフリーペーパーやウェブ制作を始め、卒業と同時に金なし、コネなし、人脈なしでフリーランスへ。顔が見える海外転職サイト準備中。11月よりペルーへ。(Twitter / Instagram)