バンコクに移住して起業している人達に会う

2016年7月下旬にタイ・バンコクに3泊4日で訪れた。

5年ぶりに訪れたカオサンロード

きっかけは航空会社のキャンペーン

バンコクは何か目的があって訪れたという訳ではなく、チケット代がキャンペーン中という事を、たまたまfacebook上のフィードに流れたのを見て、即購入したという流れ。といっても、日頃から海外にはタイミングさえ合えば行こう行こうと考えはあったのだけど、行く目的を探して踏ん切りが付かず。

やはり、少しでもどこかに行きたいと思ったら、まずは航空券チケットを購入するのを優先すべきだ。

カオサンロードの屋台のパッタイは変わらずのうまさ

バンコクで移住して起業している人達に会うことに

せっかくバンコクに行くなら、現地で働いている人にお会いしたい。海外で起業してる方のインタビュー記事など読むが、実際に会い、何で日本を離れて起業しようと思ったのかなど、聞きたいことを聞いてきた。

ご縁があり4名の方にお話を聞くことができた。ありがとうございます。今後の日本社会に対しての閉鎖的な空気感や不安から移住した方もいれば、何度もバンコクにふらふらと遊んでいたら気づけば移住していたという方もいる。

日本国内だけでなく海外にもいざという時に移り住める拠点をもつ

僕もアジア諸国のどこかにもう1拠点を持ちたいと考えているので、まずは時間を作って各国を歩いて周っていきたい。

バンコクで重宝したのが、海外simフリー版iPhoneと、スワンナプーム国際空港1階にある「truemove」simフリーカード。約1000円で7日間使えたが、移動中に調べ物やメールの返信など、日本と変わらずできた。

快適に使えた。

現地での通話も問題なし。

気になる人がいたら直接出向いて話す機会をつくる

日本円の両替は、スワンナプーム国際空港地下1階にある「スーパーリッチ」で両替。名前も景気がいい。1階にある両替所のレートと比較すると全然違うことに驚いた。

普段、PC前で仕事ばかりしていると、ついつい誰とも話さず終えてしまう日もあったりなかったり。
意識して気になる人にお会いして、逆に自分も何かを与え続けれる人になっていかないと意気込んだ時だった。

それでは。

Text by

大学3年時にフリーペーパーやウェブ制作を始め、卒業と同時に金なし、コネなし、人脈なしでフリーランスへ。顔が見える海外転職サイト準備中。11月よりペルーへ。(Twitter / Instagram)